読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

social suicide

余談と脱線がメインコンテンツ

ドラマの話をしようと思ったら、いつのまにか古舘伊知郎とフジテレビの話に…。

TVウォッチャーの雑記 壊れかけリスナーのメモ 真夜中の雑感

ずっと観てたカルテットと東京タラレバ娘が終わった。

 

 

ドラマはやだね。3ヵ月とかで終わっちゃってさ。さびしいったらありゃしない。

 

 

精霊の守り人のシーズン2は、話が進めば進むほど、どんどんコレジャナイ感が増してしまって録画したまま観られていない。

 

 

大河は、途中まで観てたけど、つぎに録画された回のタイトルが「赤ちゃんはまだか?」みたいなタイトルで、今どき(じゃないけど)…そりゃないんじゃないか?まったくもぅ!(当たり前だけど)前時代的!と思って、なんか観ないままになってる。

 

 

住住はバカリ脚本・出演で、二階堂ふみも出てるし、観てるけど、まだ全部追いついてない。

 

 

 

 

たまにゃドラマ以外をみましょうって思ったら、そんなバカなマンが終わってしまった。

 

 

じゃーどーする?

 

と考える必要も無いか。

 

 

今一番面白いテレビ番組は

 

 

おそらく、トーキングフルーツだ。

 

 

観ればわかる。

 

 

そして、今一番面白いラジオ番組は

 

おそらく、古舘伊知郎オールナイトニッポンゴールドだ。

 

 

聴けばわかる。

 

 

結局のところ古舘伊知郎が面白いのだ。

 

 

報道ステーションをやってる古舘キャスターを12年間「もうこんなんやめて、また第四学区やらないかなぁ…」という目で観ていたが、相棒の石橋貴明の衰え具合を鑑みるに、いまの古舘伊知郎の相手をさせるには力不足だろう(それをわざわざ言ってしまうのは寂しくもあるけど)。

 

 

トーキングフルーツは、呼びたいゲストを呼んで話してるのがよくわかる。伏線やこぼれ話はオールナイトニッポンで披露されるので、実に多層的に楽しむことが出来る。

 

 

たとえば、

 

西加奈子さん(最近トーキングフルーツに出てました。面白かった。)が賞を取った時の記者会見で「(作家なのに)プロレス(なんか)が好きだそうですが…(笑)」と聞き出す取材記者の態度に対して、長年プロレス好きで、プロレスで飯を食ってきた人間としては、本当に腹が立った。という旨の話をほんと真摯に話したりする。

 

なかなか最近、怒りや憤りについて話してくれる語り手は少ないので、単純に新鮮。

 

 

かと思えば、報道キャスターの名残か、世界情勢に話がいったり、脳科学の話にとんだりする。

 

 

12年間バラエティをやっていなかった古舘伊知郎をなんでこんなに面白いと思うのか…自分なりに考えてみたが、それはおそらく、古舘伊知郎の中のテレビ像、ラジオ像が古いのだ。

 

 

古舘伊知郎報道ステーションで報道キャスターになったのが2004年4月。

 

テレビをつまらなくしているものの一つの象徴として言われる、放送倫理・番組向上機構(BPO)の設立が2003年7月。

 

別にそれより前からBROとかあったけど、苦情を受け付けて是正する仕組みがあるのだという認識が広まったのは、BPOになってからだと思う。

 

何が言いたいかと言うと、古舘伊知郎がバラエティや実況をやってたのは、ほぼBPO設立以前だということ。

 

 

もちろん、いま、古舘伊知郎BPOに陳情されまくり必至の、無茶苦茶なことをしている。というわけではないんだが、

 

少なくとも苦情に怯え年々ヌルくなっていってしまった(報道以外の)テレビ作りの環境に、ほぼ触れていないのではないかと思う。

 

そういう意味で、古いと言った。

 

これはほんとにいい古さで、12年間ほぼ毎日テレビに出ながらにして、バラエティ的にはデッドストックのような存在になって、発酵が進んでいたのではないだろうか。

 

毎朝新聞のチェックと苦情に目を通して、プロデューサーと電話して、スタッフと放送前の会議して、報道ステーションの放送があって、翌日に向けての会議があって、終わって帰宅すると、揚げたそら豆のスナックかなにかを食べながら、CSであんまり興味の無い映画をぼんやり眺めつつ、興奮状態の脳を落ちつかせて眠りについていたというから、まじで12年間、地上波ゴールデンなんかのヌルいバラエティは観てないはず。そう、出ないだけじゃなくて観てすらいないのだ。

 

 

 

やはり、古舘伊知郎のテレビ像はいまより遥かにいい時代で止まっていると思う。

 

 

そう思ってみると

 

古舘伊知郎のトーキングフルーツを放映しているフジテレビは未だに河田町にあるような気がしてならない。

 

 

フルタチさんは頑張っているが、セットがお台場っぽくてよくない。

 

 

やはりフジテレビは河田町に戻るべきだ。

 

新宿区に戻れ。

 

あの、いいともだって、32年間新宿アルタでやってたじゃないかー。

 

こじつけか(笑)

おい番台のオヤジ!一晩中サウナ入れさせろ!!みたいな曲

真夜中の雑感

Licaxxxのカレーと本のミックス聴いててさ

 

https://www.mixcloud.com/rika-hirota/

 

 

ヘイ DJ うんちゃらかんちゃら All Night Long

 

 

って曲がすげー耳に残ってね

 

 

エディットしてあるっぽいけど、もともとは多分昔から知ってる曲で、ものすげークラシックな気がするんだけど、なんだっけこれ?

 

 

と思って。

 

 

Hey DJ!って言ってるし

 

 

あ、mihimaru GT!?

 

 

と思って…は、ないんだけどね、さすがにそれは。

 

 

で、

 

よく良く考えたら

 

 

あ!オールナイトロングって言ってるから、人生だ!そーだ人生じゃん!

 

つって、

 

 

バーバパパとかサブスタンスとかCD聴いてみたけど、

 

 

見つけたのは、キ〇タマが右に寄っちゃった曲で、俺が今捜してるのはこれじゃないんだよなぁ…と。

 

 

 

あ、じんせいってことは、あれか?辻だ?

 

 

 

やっと会えたね!

 

ツイてるね!ノッてるね!

 

離婚しても愛をください!タイタン所属!

 

つって。

 

どう考えても違うなと。

 

 

 

じゃあ

 

 

辻斬りだ。

 

ナンバーガールか。

 

違うね。

 

 

あ!

 

き〇りーぱみゅぱみゅの未発表曲、お〇んちんガールかな?

 

 

って、それは存在すらしてない曲だし!

 

言いたいだけだし。

 

 

 

つって。

 

 

立ち戻って

曲をよく聴き直してみて、

 

英語がからきしダメなりに聴き取って意訳すると

 

 

「おい番台のオヤジ!一晩中サウナ入れさせろ!!」

 

 

みたいな感じの歌詞なんだよなぁ…

 

 

 

で、ほら、

 

マルコメ味噌が枕に!エーン(泣)。

 

みたいな人の、ほら!

 

 

 

 

 World's Famous Supreme Team - Hey DJ (1984)

 

 

はい。これでした。

 

 

 

声色的に「ネェ DJ!一晩中踊らせてよ」みたいな感じですね。

 

 

 

 

 

「おい番台のオヤジ!」って

 

 

「おい!そこの中年!」だもんね。

 

 

 

聖☆おじさんじゃないんだから・・・。ってそもそもそんな曲があるのもすごい。

普通と思っちゃいかんよな、電気グルーヴスチャダラパー

 

電気グルーヴ x スチャダラパー - Oh My Radio - 2005/04/05 - YouTube

電気グルーヴ x スチャダラパー - Oh My Radio - 2005/04/12 - YouTube

電気グルーヴ x スチャダラパー - Oh My Radio - 2005/04/19 - YouTube

電気グルーヴ x スチャダラパー - Oh MY Radio - 2005/04/26 - YouTube

 

誰だよこれあげたやつ。

すげーありがたい。当時3週ぐらい聴き逃したんだよー。ありがたやー

 

よし!おやすみなさい。

 

東京タラレバ娘の榮倉奈々と吉高由里子の部屋

TVウォッチャーの雑記 真夜中の雑感

おっさんなのに東京タラレバ娘観て毎回泣いているんですが

 

 

だんだん誰にどんな立場で感情移入してるとかも関係なくなってきて

 

 

単に涙腺がゆるくなってるだけなんじゃないかと思うようになってまいりました。

 

 

で、吉高由里子榮倉奈々の部屋なんですけどね

 

 

鎌田倫子と山川香の部屋ですよ。

 

 

よくないなー

 

 

ほんとよくない。

 

 

何がって?

 

 

風水的によくない!

 

 

二人とも冷蔵庫の上に電子レンジ置いてんだもん。

 

だめだよーー。

 

 

 

って、Dr.コパ風の立場で観ているのでした。

 

 

カルテットも超見てるけど、(数週録りためて、観れてないらしい)このブログ読んでくれてる友達のために何も書かないよ!

 

 

 

 

 

ゲッターズ飯田の金持ち風水

ゲッターズ飯田の金持ち風水

 

 

 

ロックンロールの自殺者よりは、ネットワークの技術者に近い人生。

DIYの鬼 真夜中の雑感 オレのドタバタ

パペット・マペットに未だに行けてない私です。

 

 

 

 

あ、デヴィッド・ボウイ展でした。

 

 

 

 

会場は「新選組リアン」でやってるんでしたっけ?

 

 

 

え?「天皇賞・春」?

 

 

 

あ、天王洲アイル

 

 

あ、で、その駅の近くの「寺田心くんの家」?

 

 

え?家田荘子」?

 

 

極妻の・・・?

 

 

 

あ、「寺田倉庫」ね。

 

 

 

まだやってるんかい?

 

4/8まで?

 

花まつりの翌日ね。

 

davidbowieis.jp

 

 

 

 

ま、それはいいとして

 

 

 

 

どーも聞くところによると「ロックンロールの自殺者」よりは「ネットワークの技術者」の方が"手に職"と言えるらしいじゃないですか。

 

 

(唐突だなおい。とか言わないでね。)

 

 

 

 

英語で書きますと

 

 

 

Network Engineerぁ〜

 

 

 

Rock'n Roll Suicideぉぉぉぉ!!

 

 

 

となりまして、こうやって二つ並べてみてもわかるように、やはり前者よりは後者の方が力強いし、かっこいい。

 

ジギー・スターダストのB面締めくくりの曲だし。 

 

 

(あ、文字なのに無理やり「B&Bの漫才方式」を取り入れてることはスルーしてくださいね)

 

 

そんでもって、ぼかぁ英語がからきしダメなので、どっちも同じようなもんだと思ってたんですけど

 

 

ちょっとゴーグルで検索してみると

 

 

どうやら全然違うものらしいですね。

 

 

 

ロックンロールの自殺者にはなれなそうだし、ネットワークの技術者寄りの人生かなぁ。どうかなぁ。

 

どっちかというとね・・・。

 

そもそも全然ロックじゃないし俺。

 

体脂肪率がロックじゃない。

 

 

 

 

じゃあしょうがないネットワークの技術者だ!

 

 

 

いや、まぁ寄りってだけで別に本職になる気はないんですけどね。

 

 

 

実はある案件がありまして。それを話したいがためにこんなに長ったらしくなってるんですよ、バカですね。

 

 

えーと、実はここからが本題です。二重構造というか、二重人格。もしくは二重生活。フィリピンでは違う名前で暮らしている。「パパーパパー」と呼ぶ声が・・・。

 

 

は!何だっけ?

 

 

あ、そうだ。ネットワークの技術者寄りの話ね。

 

職場として使ってる、とあるカフェがありまして

 

そこのネットワークの設定とかをなぜか私が担当してるんですね。

 

なぜかってのは話せば長いので割愛もしくは割礼しますけども。

 

そしてその切り落とされたものが意志を持ち、話し始めたりしてね。

 

 

「どうもペニ皮俊太郎です。」

 

 

 

 

 

バカ!!もうほんとバカ!!!

 

 

 

 

ごめんなさい泣

 

 

 

あ、なんかもうブログ的オーガズムに達した感じですよね。

 

 

 

 

もう、終わった後のピロートークみたいなもんなので読まなくていいですけど、一応残尿感を取り除くために書きますね。

 

 

 

 

 

 

ほんと読まなくていいよ!

 

 

 

そのカフェで使ってる回線がフレッツ光の回線で1Gbpsのやつなんすけど、名前はややこしすぎて忘れました。

 

 

んで、そこに置いてあるルーターが、NTTから貸し出されてる、PR−500KIってやつなんですけども、相当工夫しないとVPN(バーチャルプライベートネットワーク。インターネット上で仮想の専用回線を作るようなやつって認識でいいと思う)が使えないらしいんですよ。

 

 

ただ仕事上どうしてもVPNがいるんですね。

 

 

で、どうするかっていうと

 

 

PR−500KIをブリッジモードってのにして、ONU(回線終端装置)とVoIPひかり電話)アダプタとしてだけ使うらしいんです。

 

どうやるかっていうと、

 

そもそもPR−500KIって、ONU部とルーター(ホームゲートウェイ)部?が分かれてて、本体の蓋を開けるとその二つはLANケーブルで繋がれてるだけで、外せるようになってるんすよ。

 

で、それを外して、

 

別途用意したスイッチングハブにつないで、

 

そこからLANケーブル1本は新たに用意したVPN対応(PPTPパススルー機能があるような)ルーターのWAN側に接続して、そっちにプロバイダーのIDとか入れて、PPPoEとかDHCPの設定をしてあげて、

 

さらにもう一本、PR−500KIのルーター部のWAN側に返してあげて、設定でPPPoEの情報は消して、DHCP機能は切って、光電話(を使ってる場合は、その)機能だけ残すことでVoIPアダプタとして機能させる。

 

たぶんこれだけでいいけど、

 

さらに、新たに用意したVPN(PPTPパススルーとか)対応のルーターから、PR−500KIのLAN側のジャックにLANを戻すことで、無線LANアクセスポイントとして機能させたりできるのか??な???

 

 

 

なんだそれ!めんどくさ!

 

 

 

健忘録として書こうと思ったのに、変な前書き書いちゃうし、いざ本題に入ったら、写真とか絵とかないと、ややこしすぎて超読みづらい!

 

 

NTTさんよぉ。もっと簡単にできるようにしてよ。

 

 

こんな非公式な方法じゃなくてさぁ。。。

 

 

でもそれが手っ取り早いらしいんで、頑張りまーす。

 

 

 

 

 

って昨日の朝方書いてさ、職場でやってきたのさ。

 

 

うまくいったサーーー。一発でVPNつながったよー。

 

 

今夜もネット上の先人に感謝・・・・。

 

 

 

 

 

技術者でもなんでもないけど、昔ネットワークをかじったと言うか、LANケーブルをかじって感電したことがあるので、このレベルならググってなんとか理解できたけど、書いてみたらわけわかんなかったっすね。さーせん。

 

 

 

 

ネットワーク超入門講座 第3版

ネットワーク超入門講座 第3版

 

 

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第4版] -無線LAN構築対応-

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第4版] -無線LAN構築対応-

 

 

 

新しいダイエット方法を発明した。

真夜中の雑感

外を歩く時、アマレス出身のプロレスラー気分で、全身にめちゃくちゃ力を入れながら歩く。

 

具体的には、丹田のあたりに力を入れつつ

 

いまにも人に覆い被さらんがごとく、腕全体を10cm伸ばすイメージで肩の関節を開く意識をする。

 

目つきとか表情じゃなく、筋肉から殺気を放出する。

 

 

 

おそらく、夜道でやってると職務質問されかねないムードがでちゃうと思う。

 

 

きょうちょっとだけやってみて面白かったんだけど、上記のように上半身へ力を込めると、意外にも階段を昇るのが楽だった。

 

上半身に力を入れると、たらたら昇ってる時よりも、下半身が宙に浮くとまではいかないまでも、少し上空に持ち上げられるような感じがして、ほんと不思議なんだけど、楽だった。

 

 けど、これ継続出来ないだろうなぁ

部屋が片付かないので誰か来てくださいませんか。そして私は主夫になりたい。

真夜中の雑感

まぁ片付かない。

 

 

引越して1ヵ月近く経つというのに。

 

 

それでもダンボールは10/30ぐらい開けたので、我ながら偉いぞ!と思っている。

 

 

生活必需品はほぼ開梱したので、残るはレコードとかCDとかゲームとかDVDとか、いわゆるソフトばかり。あと、ゲーム機とか。

 

 

とにかくごちゃごちゃだ。

 

 

マンガは最近電子書籍で読むことにしたから今後増えないと思うけど、レコードなんてレコードであること自体に意味や意義があり過ぎて、捨てることも売ることも出来ない。また心持ち的に新たに買いたくもなってきているし。

 

 

 

抱えるものの多い暮らしをしているけれど、今もってるものすべて失っても、実はそれほど後悔はないかもしれない。

 

 

物持ちの割にはコレクションというか収集すること自体には執着がない。

 

 

レコードなんてほんと必要に迫られて買ってるし、正直あまり大事にもしてない気がする。とはいえ家の中でかなりのスペースを取って、いつでも聴けるようにしてはあるんだけど。

 

 

最近持ちかけられた話で、「よくよく考えたらちょっと困ったことになったな…」と思ったのが、今働いてる会社が地方に移転するかもしれないという話。

 

 

「東京にこだわりとか執着があるか」と問われて、とっさに「特にない」と答えてしまった。

 

 

しかし、ぼかぁ東京で生まれて東京千葉神奈川でしか生活したことがない。

 

 

長く暮らした東京という街自体には飽きている感覚もある。

 

 

けど、ホームグラウンドから出るのは、やはり少し怖い。

 

 

それに、いざとなればすぐにでも会いに行ける友達と離れるというのが、あらためて想像するととても寂しい。

 

 

人に執着しているのかもしれない。

 

 

引きこもっている割に、人が好きなんだ。

 

 

人のために何かをしたくて、それに応えられる理想の自分に成りきれなくて心が折れて、逃げてしまうようなことが多かった。

 

 

ほんとに仲のいい数人にしか会えないなと痛感している。

 

 

いつでも誰にでも全力ってのは無理かもしんないけど、それでも、ぼかぁ、自分というものをやり尽くしたいなー。

 

自分のできることは、ぜんぶやり尽くして燃え尽きたい。

 

本当になんでも屋さんだけど、甲斐性だけは身につかないなぁ。

 

あーもう、いっそ主夫になりたい。

 

誰かに尽くして、暮らしたいのかな結局。

 

 

 

明日に向かって捨てろ!!

明日に向かって捨てろ!!

 

 

 

 

〇〇の方がいい。虚実入り混じる人生は現実。私と皆。

真夜中の雑感 TVウォッチャーの雑記

なんかの会話の中で、友人が「男と馬は丈夫な方がいい」と言いだして、わたすはソレに対して「あー、博多華丸さん言う所の、スピーチとスカートは短い方がいい」みたいなことね。

 

 

と言ったけど、ちがったかも。

 

 

なんか夜中にぼーっとしてると

 

 

脳内の本能寺で燃えよバルセロナを歌う信長が、人生五十年…と舞ってるかと思いきや、途中から志村喬がブランコで、命短し恋せよ乙女…って二の句を継いでくるんだけど、どうしたらいいでしょうか。

 

 

公園作るぐらい頑張れるかなぁ。

丈夫じゃないんだよなぁ。

 

そう、丈夫じゃないんですよ。

がんばるけどさ。

どうしよう。

いま余命半年とか言われたら…

それすら誰かに分けてあげたいなぁ。

 

家で鼻ほじって寝てたいなぁ。

 

 

ああもぅ

 

とかなんとか言いながら

 

とにかく孤独死がこわい。

 

孤独死避けるために結婚したい。

 

 

タラレバ娘読んでて「結婚=ゴールじゃないよな。」ってのは読者も作者も主人公達も薄々わかってるはずなのに、なんか目を瞑ってる感じなんだよ。いまのところ。

 

でも、33ってそんなもんなのかな。

 

ドラマだと主人公達30歳だけど、原作だと33歳なんだよね。

 

まじ、同い年勘弁してくれ。

 

 

自分と同い年の頃のボブ・ディランを聴くべし

 

みたいなやつあるけど、

 

たまたまハマったマンガの主人公が同い年で、しかも年齢が結構キーになってるってのがなぁ。

 

エヴァ読んだ時も14歳だったし、刺さり過ぎなんだよ。

 

上田馬之助との試合後、山本小鉄の血だらけの背中にびっしりとビール瓶の破片…ってほどは刺さってないけども…

 

 

それを若手レスラーに取ってもらいつつ、先輩を立てるいい試合ができたと満足げな小鉄さんと、話しかけられもせずに、ただひたすらその姿を側で見ながら、感動し涙を流すのか!若き日の古舘伊知郎。みたいな話が聴けるトーキングフルーツがマジでおもしれーけど、誰も見てないのか?どーなんだ。

 

次回ジェーン・スーさんだぞ

 

プロレスの虚実入り混じった、その虚も実であり、実もまた虚であるみたいな感じがすきだよ。

 

とかなんとか言ってるけど、西加奈子さんが棚橋ファンと聞いて、棚橋の方を見直しちゃった軽薄なわたすだよ。

 

 

 

i(アイ)

i(アイ)