読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

俺がルールだ殿様だ。もしくは鍛冶屋さん。

本日は制作会社ハウフルスstyleで徹子の部屋のテーマ曲などをBGMにお送りします。

 

 

 

ほぼ読んだことないけど、自己啓発本とか

 

 

FacebookTwitterで流れてきたり

 

 

よくわかんねーキュレーションサイト

 

 

たまに見る

 

 

いままでやっていたアレとコレを捨て、こーすることで人生が豊かになりました。

 

 

とか

 

 

〇〇を〇〇するための7つの決まり事

 

 

 

みてーなやつあるじゃねーですか。

 

 

 

あとほら、

 

 

私はコレで会社を辞めました(小指を立てながら)とか。

 

 

篠崎愛を見て、思わずズボンがテント張ってしまいました。

 

 

 

 とか

 

 

 

酢と黒胡椒だけで餃子を食う

 

 

 

 

道草を喰う(岡本信人著)

 

 

とかね

 

 

 

 

まぁ最初の2つ以外は全然違うんですけども。

 

 

 

 

 

とにかくね、人に言われても自分が心からいいと思わないとどんなルールも続けられないなーって思いまして。

 

 

 

日本にいながらにして、ブラジルの人とだいたい同じようなリズムで生活してるんじゃないかな?ってぐらい逆転してたりするもんで、他人に「朝起きて昼活動して夜寝ろ」とか言われてもさ・・・。

 

 

反発ばかり覚えていたのです。

 

 

「不規則が服を着て歩いている」ぐらいの気概を持って生きて来たもんで。

 

 

しかしね、どーもある程度毎日同じことした方が調子いいんすよね。悔しいけど。

 

 

朝起きて(牛連れて)、カーテンと窓開けて(2時間ちょっとの散歩道)、レコードかCDかけて、コーヒーとお茶を入れて飲んで、目玉焼き食べて、洗い物して、できたら洗濯もして、(低血圧で寝起きがあまり良くなく、概ね不機嫌だから。不機嫌な果実だから)起床2時間は人とコミュニケーションを取らないようにして、カフェインは太陽が出ているうちしか飲まないようにして、寝る前にはクエン酸多めの自作炭酸にシークヮーサー絞ってサプリメントを飲む。週に2回はサウナに行く。(最終的にテクノポリスに山買うだ)

 

 

とかね。(ノイズ多いな。ルールなのに)

 

 

 

ルールを決めても、いちいち思い出すと疲れるから、それらを書き出して壁に貼ってね。

 

 

なんつーか前々から、おそらく体力がないからなんでしょうか、ちょっとしたことで調子がよくなったり悪くなったりするんですよ。  

 

 

それが実感としてよくわかるし、著しく生活に影響を及ぼす。

 

 

悪い時ばっかり理由が明確にわかるし、打ちひしがれてたんだけど、ルールを決めてやるようにしたら、調子がよくなった時に、その理由が自分の作ったルールを遂行したためだってわかるから、「こんなの、またいつダメになるかわからんぞ。。。」とか不安にならなくて済む。

 

 

 

あとほんと体と精神はある程度同じように疲れた方がいい。

 

 

 

赤の他人以上友達未満ぐらいの人と触れ合うと、無意識に気を揉むけど、これはもう避けようがないじゃない?

 

 

じゃぁ体を疲れさせようと。

 

 

銭湯行って、湯船とサウナで、刀を熱しては叩いて冷水につけて鍛えるように、体に焼きを入れて冷やして心拍数あげていくことで強靭になれたらいいなと思ってさー。

 

 

そーいや俺のじーさんは冷凍機を作る会社をやってたんだけど、ダメになったら田舎帰って鍛冶屋をやるとか言ってたらしい。

 

 

 

とりあえずそんなのが当面のわしのルール。

 

 

 

夜明けのスキャット(紙ジャケット仕様)

夜明けのスキャット(紙ジャケット仕様)

 

 

 

徹子の部屋「松田優作」 [VHS]

徹子の部屋「松田優作」 [VHS]

 

 

 

修羅の花

修羅の花