social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

ストレス耐性ゼロ以下

この前戸籍謄本取りに都内某所の行政サービスセンターに行ったんだけど、

 

商工会議所かなんかと一緒になってるとこでさ、ちっせースペースなの。まあまあでかい区の割に。

 

まぁそれはいいんだけど。

 

で、たぶん平日の昼間でひまだったんだろうね。

 

おれが行くまでおっさん2人とおばさん1人で雑談がそこそこ盛り上がってたんだ。きっと。

 

こっちが顔だした瞬間ピタッと話やめてさ。

急に公務員感だしちゃって。

 

「そちらの記入台で書類に記入してうんちゃらかんちゃら」みてーなこと言ってさ。

 

で、まぁ書くわけですよ。こちとら。それやりに来てんだから。

 

 

しかし、いざとなったら「あれ?そもそも本籍の番地ってなんだっけ??」なんてド忘れしちゃってさ。

 

やべっ!つって、免許証取り出して見て

 

「あ、だいぶ前から本籍地は書かれないようになったんだったーー。」なんて。

 

「親に電話するか?」とか迷いだした辺りで、背中にスゴい圧を感じるわけですよ。

 

 

「はやくして!」って圧を!(笑)

 

 

なんでわかったかって?

 

窓口のオヤジがボールペンを回したり落としたりを過剰に繰り返してるんだよ。

 

やめろ!うるさい!

それが無意識であれ故意であれ

どー考えたって「はやくして圧力」だよぉ。

 

おまえ、ボールペン回し出来ないのにやってるだろ?すげー落としてるじゃん!あと、無茶苦茶な勢いでカチャカチャしてるじゃんよぉ!おい!

 

こっちゃあ、ストレスを感じる脳内の機関であるところの扁桃体がちょっとデカイんだよ!些細なことでもズーンってくるんだよ!

 

検査とかは受けてないけど、多分そうなんだよぉ。そーゆー身体なんだよぉ。うぉーん。

 

 

って、一瞬で悲しみ本線に乗ってトンネルを抜けて雪国つーか、もう気分がシベリア

 

あんこをカステラで挟んだヤツ。

 

じゃあ美味そうじゃん。つって。

 

いかんいかん。帰りに買って帰ろうつって。

 

シベリア抑留から自ら一旦解放して、

 

「たぶんこれだろ!」って番地書いて出したら

 

「はーい。ではそちらでしばらくお待ちください」

 

って、おまえだよ!

おまえが大人しく待っててくれよ。

 

 戸籍謄本は無事貰えたけどもね

 

もうそんなのじゃ喜べない。当たり前だからね。達成感とかないもん。

 

埋められない心の穴を埋めようと帰りに1円パチンコ打っちゃうよ。

 

老人しかいないパチンコ屋で4000円も使っちゃったよ。

年金吸い上げ機関じゃねーかあんなの。おれ年金もらってないのに!

 

おかげでシベリア買えなかったよ。

ダイエットに役立ちました。

 

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

広告を非表示にする