social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

I don't believe me.

忘れてた。

 

私は自分を信じていない。

 

この言葉を忘れていた。

 

「具合悪いなぁ…。起きたくない。」と目覚めて思ったんだけど

 

「本当か?」と思って窓を開けてゴミを出したら、外にも出られた。

 

病院の待合室でらじおとを聴く。

 

ニッポン放送社長の亀渕さんがゲスト

 

話の中身はラジオについての良い意味で取り留めのない話。

 

その中で印象的だったのは、伊集院の意見に対して「それは違うと思う」とハッキリ反対意見を述べる亀渕さん。(最終的には擦りあっていくんだけどもね)

 

こんな単純なことが新鮮だった。

 

ラジオの会話って意外と「そうですね、そうだね。」というな肯定の重ね合いが多くて、(一時的にでも)否定があんまり入らないことが多い。

 

Twitterの見すぎで、

 

リツイートor全肯定orヘイトみたいなやり取りに触れ過ぎてるのもあるかもしれない。

 

前向きで建設的な否定、反対ってのは結構新鮮だった。

 

こんな当たり前のことが見えなくなってるなんて…。

 

 

I don't believe me.

 

は、自分を信じてないというより、自分を疑う。決して否定的じゃない。

 

ネガティブな自分を疑えばポジティブに転換できてしまう。

 

何もしたくない、布団から出られない自分を疑えば、さっさと着替えて外に出て人にも会えよう。

 

俺は俺に天邪鬼になれるか。

広告を非表示にする