social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

美術欲

あれは何年前だったでしょうか。

 

ラ・マンと共に超遠い千葉美術館まで観に行きました。伊藤若冲

 

今あれでしょ?大都市でやるとすげー並ぶんでしょ?

 

みんな気づくのおせーよ。

 

おれなんか、、もう、230年前ぐらいには知ってたもん。やべーやつ居んな!つって。

 

知能指数が低いなー。この話し方。

よくないね。

 

 

ふと思いましたけども

 

デートには映画館より美術館の方がいいですね。

 

映画って最中に話せないでしょう?

でも美術は観ながらガンガン話して感動を共有できるんですよね。だから誰と行ったか覚えてる。映画は誰といったか忘れるよね。

 

あー行きたいなー美術館。

 

鮮明に覚えてるもの。

 

 

東京国立博物館(で脳内)に鳴り響いた土偶コール

原美術館のジム・ランビー展で、無機質な怪物に食われた自分が二次元、一次元へと分解されていくような感覚。

 

庭園美術館で遭遇した、ロシア構成主義に興奮する高橋幸宏氏。

 

Bunkamuraアントニオ・ロペスに見た、視点、視界を再現する表現。

 

現美のトーマス・デマンド、世田谷美術館の横尾さんもよかったなぁ。

 

森美で見た会田誠は、扱われ方にやや違和感があったかな。忘れちったけど。

 

そうだ。おれ森美術館が嫌いなんだった。思い出した。

 

 

美術館もいいけど、寺もよくて、五百羅漢とか、もうそろそろ並ぶ側に回りたい。

 

あーあーもう子供とか要らないから、結婚して、はやいとこ老後を迎えたい。

 

墓に入るとしたら、霊園じゃなくてちゃんと仏像のいるお寺で眠りたい。

 

伊藤若冲作品集

 

広告を非表示にする