読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

ピロートーク

食い逃げを成功させた日の夜、ムボ男はベチョ美の肩へ回した手にグッと力を込め、男らしさを強調せんと少し荒々しい口調でピロートークを繰り広げる。

 

 

ムボ男「いやぁ走った走った。まさに逃げるは恥だが役に立つ!だぜ。けど、食ってすぐ全力疾走したから、胃の中のカツ丼と酢豚とサバ味噌煮定食とクリームソーダ全部、逃げ延びた路地で吐いちゃったんだぜ。ワイルドだろう?」

 

 

ベチョ美「え?そ、そうなんだ・・・(色々あれだけど、まずその組み合わせ、何!?)

 

 

ムボ男「そんでもってよ、俺が路地でクッチャクチャになってたら、追いかけてきた店員が現れたんだ。」

 

 

ベチョ美「キャ!大変じゃない。(全裸で横たわって、うっとりとした表情を浮かべつつ、そんな話を聞いていられる私の神経のギリギリさ加減と、あなたがいま鞭のように打ち付ける言葉のバカさ加減によって、立っていられないほどに受ける衝撃と絶望の方が大変!横になってるのにめまいがする!!メニエール病まったなし!)

 

 

ムボ男「そんで、その店員が言うんだよ」

 

 

ベチョ美「な、なんて言ったの・・・?(警察に連れてくって!?・・・言ってないのね、こいつがここにいるってことは・・・。なんで言わないの!・・・バカ!店員さんのバカ!!

 

 

ムボ男「(店員)『あー全部吐いちゃったんだ。じゃぁ食ってないのと一緒って言うか、胃液分あんた損してるじゃないか。喉も焼けちゃっただろ。しょーがねーなぁもう。治療費これで足りるか?』ってよ。そんでアタッシュケースを俺に差し出したんだ。」

 

 

ベチョ美「え!どう言うこと(予想外って言うか、基地外!)

 

 

ムボ男「それがこれだ。」

 

どん

 

 

ペッパー警部(紙ジャケット仕様)

ペッパー警部(紙ジャケット仕様)

 

 

 ベチョ美「これアタッシュケースじゃなくて、ペッパー警部!全然違う!!ケしか合ってない!」

 

 

ムボ男「いけね、こっちだった。」

 

どーん

 

遊星からの物体X [Blu-ray]

遊星からの物体X [Blu-ray]

 

 

 ベチョ美「遊星からの物体X!カートラッセル!何にもかかってない!強いて言えば小さいツ。あと、物体X渡されたらもって来ちゃダメ!」

 

 

 

ムボ男「冗談だよ。これが本当のやつ」

 

 

どーん

【ケース販売】アタック 衣料用洗剤 粉末 高活性バイオEX 詰替用 900g×8個
 

 

 

ベチョ美「アタックのケース売りのやつ・・・。」

 

 

ムボ男「と、後これ。」

 

どん。

 

 

ベチョ美「なんだ。ほんとにあるんじゃない。中身は…」

 

パカッ

 

 

もくもくもくもく…

 

 

 

 

 

おわり