social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

ロックンロールの自殺者よりは、ネットワークの技術者に近い人生。

パペット・マペットに未だに行けてない私です。

 

 

 

 

あ、デヴィッド・ボウイ展でした。

 

 

 

 

会場は「新選組リアン」でやってるんでしたっけ?

 

 

 

え?「天皇賞・春」?

 

 

 

あ、天王洲アイル

 

 

あ、で、その駅の近くの「寺田心くんの家」?

 

 

え?家田荘子」?

 

 

極妻の・・・?

 

 

 

あ、「寺田倉庫」ね。

 

 

 

まだやってるんかい?

 

4/8まで?

 

花まつりの日ね。

 

davidbowieis.jp

 

 

 

 

ま、それはいいとして

 

 

 

 

どーも聞くところによると「ロックンロールの自殺者」よりは「ネットワークの技術者」の方が"手に職"と言えるらしいじゃないですか。

 

 

(唐突だなおい。とか言わないでね。)

 

 

 

 

英語で書きますと

 

 

 

Network Engineerぁ〜

 

 

 

Rock'n Roll Suicideぉぉぉぉ!!

 

 

 

となりまして、こうやって二つ並べてみてもわかるように、やはり前者よりは後者の方が力強いし、かっこいい。

 

ジギー・スターダストのB面締めくくりの曲だし。 

 

 

(あ、文字なのに無理やり「B&Bの漫才方式」を取り入れてることはスルーしてくださいね)

 

 

そんでもって、ぼかぁ英語がからきしダメなので、どっちも同じようなもんだと思ってたんですけど

 

 

ちょっとゴーグルで検索してみると

 

 

どうやら全然違うものらしいですね。

 

 

 

ロックンロールの自殺者にはなれなそうだし、ネットワークの技術者寄りの人生かなぁ。どうかなぁ。

 

どっちかというとね・・・。

 

そもそも全然ロックじゃないし俺。

 

体脂肪率がロックじゃない。

 

 

 

 

じゃあしょうがないネットワークの技術者だ!

 

 

 

いや、まぁ寄りってだけで別に本職になる気はないんですけどね。

 

 

 

実はある案件がありまして。それを話したいがためにこんなに長ったらしくなってるんですよ、バカですね。

 

 

えーと、実はここからが本題です。二重構造というか、二重人格。もしくは二重生活。フィリピンでは違う名前で暮らしている。「パパーパパー」と呼ぶ声が・・・。

 

 

は!何だっけ?

 

 

あ、そうだ。ネットワークの技術者寄りの話ね。

 

職場として使ってる、とあるカフェがありまして

 

そこのネットワークの設定とかをなぜか私が担当してるんですね。

 

なぜかってのは話せば長いので割愛もしくは割礼しますけども。

 

そしてその切り落とされたものが意志を持ち、話し始めたりしてね。

 

 

「どうもペニ皮俊太郎です。」

 

 

 

 

 

バカ!!もうほんとバカ!!!

 

 

 

 

ごめんなさい泣

 

 

 

あ、なんかもうブログ的オーガズムに達した感じですよね。

 

 

 

 

もう、終わった後のピロートークみたいなもんなので読まなくていいですけど、一応残尿感を取り除くために書きますね。

 

 

 

 

 

 

ほんと読まなくていいよ!

 

 

 

そのカフェで使ってる回線がフレッツ光の回線で1Gbpsのやつなんすけど、名前はややこしすぎて忘れました。

 

 

んで、そこに置いてあるルーターが、NTTから貸し出されてる、PR−500KIってやつなんですけども、相当工夫しないとVPN(バーチャルプライベートネットワーク。インターネット上で仮想の専用回線を作るようなやつって認識でいいと思う)が使えないらしいんですよ。

 

 

ただ仕事上どうしてもVPNがいるんですね。

 

 

で、どうするかっていうと

 

 

PR−500KIをブリッジモードってのにして、ONU(回線終端装置)とVoIPひかり電話)アダプタとしてだけ使うらしいんです。

 

どうやるかっていうと、

 

そもそもPR−500KIって、ONU部とルーター(ホームゲートウェイ)部?が分かれてて、本体の蓋を開けるとその二つはLANケーブルで繋がれてるだけで、外せるようになってるんすよ。

 

で、それを外して、

 

別途用意したスイッチングハブにつないで、

 

そこからLANケーブル1本は新たに用意したVPN対応(PPTPパススルー機能があるような)ルーターのWAN側に接続して、そっちにプロバイダーのIDとか入れて、PPPoEとかDHCPの設定をしてあげて、

 

さらにもう一本、PR−500KIのルーター部のWAN側に返してあげて、設定でPPPoEの情報は消して、DHCP機能は切って、光電話(を使ってる場合は、その)機能だけ残すことでVoIPアダプタとして機能させる。

 

たぶんこれだけでいいけど、

 

さらに、新たに用意したVPN(PPTPパススルーとか)対応のルーターから、PR−500KIのLAN側のジャックにLANを戻すことで、無線LANアクセスポイントとして機能させたりできるのか??な???

 

 

 

なんだそれ!めんどくさ!

 

 

 

健忘録として書こうと思ったのに、変な前書き書いちゃうし、いざ本題に入ったら、写真とか絵とかないと、ややこしすぎて超読みづらい!

 

 

NTTさんよぉ。もっと簡単にできるようにしてよ。

 

 

こんな非公式な方法じゃなくてさぁ。。。

 

 

でもそれが手っ取り早いらしいんで、頑張りまーす。

 

 

 

 

 

って昨日の朝方書いてさ、職場でやってきたのさ。

 

 

うまくいったサーーー。一発でVPNつながったよー。

 

 

今夜もネット上の先人に感謝・・・・。

 

 

 

 

 

技術者でもなんでもないけど、昔ネットワークをかじったと言うか、LANケーブルをかじって感電したことがあるので、このレベルならググってなんとか理解できたけど、書いてみたらわけわかんなかったっすね。さーせん。

 

 

 

 

ネットワーク超入門講座 第3版

ネットワーク超入門講座 第3版

 

 

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第4版] -無線LAN構築対応-

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第4版] -無線LAN構築対応-

 

 

 

広告を非表示にする