social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

「ぼんやりテレビ時評 ティーヴィーウォッチメン」

俺んちのテレビでは、毎日なんかしら放送されている。

 

いったい、誰がテレビを見張るのか?

 

いったい、誰がテレビをウォッチするのか?

 

ティーヴィーウォッチ暇人"テレヴィジョディアス俺ちゃんが、ごろ寝スタイルでぼやく。

 

 

その名も── 「ぼんやりテレビ時評 ティーヴィーウォッチメン

 

 

 

さて、時刻は日曜の朝4時を回りました。(こんな時間に何書いてんだ・・・って書いてたらもう6時すぎてるし。)

 

ぼんやりテレビ時評ティーヴィーウォッチメンのお時間です。

 

 

テレビだっていうのに、TBSラジオの超有名番組の前口上をパクって始めてしまいましたが、要は最近テレビ何観てるかってだけです。あーだこーだ書きますね。

 

 

 

おひまでしたらお付き合いください。

 

 

 

 

まず!

 

ドラマは一つも観ておりません!

 

あ、嘘つきました。観てました。

 

 

NHKおんな城主 直虎

高橋一生が出てるから(ってわけでもないんですが)観ております。

 

www.nhk.or.jp

 

実在したけど、ほんとは男だったんじゃないの?とか言われるぐらい存在自体が謎で曖昧で、人物としてはほとんど資料が残ってない架空に近い人だからか、話膨らますのが大変なんだろうなぁって感じです。

 

大きな戦とかには出ないし、ほとんど内輪の心理戦というか会話劇で、場面的にも屋敷とか寺とか畑とかちょっとした藪山ぐらいしか出てこなくて、画が地味です(笑)

 

ベテラン勢も世代交代でほとんど居なくなっちゃったし。

 

総集編やったらバッサリ切られる話が永遠と続いてるような感じのここ数週。観てると面白いんですけどね。

 

あと、多分今日から結構話が展開する予感。

 

 

 

NHK「ニュース シブ5時」

※大相撲の場所前と後に出る能町さん出演回のみ見てます。すみません。

 

 

 

NHKブラタモリ

※3代目女子アナが正直未だにしっくりこない。

 

 

 

NHK「SWITCHインタビュー達人達(たち)」

NHKならではの豪華な人選。別ジャンルのすげぇ2人をお互いのテリトリー(ホームグラウンド)でインタビューさせ合うという番組。

時にめっちゃくちゃ高度な会話が飛び交う。異文化交流というか、現代を生き、活躍する人たちの文化的な出会いの場になっているのではないかと勝手に思っている。テーマ曲の椎名林檎のキンキン声がややうざい。

 

 

日テレ「架空OL日記」

www.kaku-ol.jp

※ FXXK OFF 正力松太郎!(こういうことあんまり言わない方がいいよね(笑))なので、あんまり日テレは見ないのですがこれは見ています。

 

虎の門に出てたバカリズムがコンビ解散後、升野さんだけになってトツギーノとかやってる頃に、こっそりなのかひっそりなのかOLになりきって日記を書くみたいなブログをなんの説明もなく(架空という但し書きはあるけども)やっていて、ニヤニヤ読んでたやつ・・・が、実写ドラマ化してる。41歳の春に女装している。バカボンのパパと同い年で女装している升野さん。

 

架空升野日記-バカリズム公式架空ブログ

 

これは今思えば、なりすましだな。

 

タモリいとうせいこうバカリズムというラインが確実にある。

 

 

 

TBS「クレイジージャーニー」

※今更語るまでもない。殿堂入り

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

TBS「ゴロウ・デラックス

※ゲスト次第だが、急に春日太一さんが出たりするので見逃せない。BS日テレでやっていた久米書店亡き後、作家が自ら出演する本の紹介番組はあんまりないので希少価値があるが、たまーに嫌なテレビ的演出が顔を出すとこが玉に瑕。ほとんどラジオみたいで嫌じゃないけどね。ただ、小島慶子時代の方が好きでしたよ。それは。山田親太朗消しゴムはんこファンです。

 

 

 

テレ朝「タモリ倶楽部

タモリストとしてマストウォッチ! 近年ゆるさと濃さが増してる気がする。

 

 

 

テレ朝「chouchou」

※テレ朝の数クールごとに名前を変える夏目三久の番組。

かつてTBS神さまぁ〜ずで始まり、日テレネリさまぁ〜ずで終わったあの一連の番組みたいな展開をしている。いや、いない。

 

江戸・明治・大正の庶民のお気に入りのモノに注目して、当時の庶民の息遣いを感じるという割とアカデミックでマニアック。ただ、それほど肩に力は入ってなくて見やすい。毎回CG映像作ってて、案外と予算&労力かかってそうな感じ。

 

 

 

テレ朝「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES

※淡々の長寿化してきている、不思議な番組。テレ朝なのにテレ東っぽい匂いもする。能町さんレギュラー。ただ、企画によって本当にムラがある。それもまたよし。

 

 

 

テレ朝「くりぃむナンチャラ」

※そこまできっちりチェックしてないけど、プロレス回は本当に間違いない。滑舌悪いでおなじみの天龍源一郎に喋らせたがる。

博多大吉先生の言う「(スピードラーニング的な意味での)天龍ラーニング」っていうワードが好き。

昨年からAmazonプライムで始まった「有田と週刊プロレスと」と言うとんでもなく面白い番組があるんだけど、地上波でも(かつて放送されていたリングの魂みたいな形でもいいし)なんでもいいから本当のプロレス好きだけで番組を毎週やってくれないかなと思う(但しナンチャンは抜きで)。

 

arita-wp.com

 

 

テレ東「勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組」

ピース綾部渡米に伴いAbemaTVの人気番組「妄想マンデー」のMCを棚ぼた的にゲットし、レギュラーを増やしたアルコ&ピースが地上波でもじわじわと居場所を確保してきている。

ゴッドタンで元カノを踏み台(語弊があるけどね。結果的にだしね)にしたり、オールナイトニッポンの最終回をなぜか他局のTBSラジオJUNKで取り上げられて、結果なんやかんやでTBSラジオでレギュラーをゲットしたり、つい先日には同時間帯聴取率トップに輝いたりしている。世間の評価が追いついてきたのか。いいともの終わり際にちょくちょく出てたのに、その後一旦忘れられてたような感じでしたもんね。

 

・・・番組の内容に触れてなかったですね。

 

昔ながらの芸人による罰ゲームをかけた戦いをゲーム対決でやったりしてます。

 

それで扱うゲームが結構渋い名作ゲームだったり、定番のゲームだったりするんだけど、そのゲームの切り取り方がうまい。「魔界村レッドアリーマーを、4人でコントローラーを回しつつポーズをかけずに倒せるか。」とか。

 

妙にいいとこ突いてくるなぁと思ったら、スタッフロールにゲームセンターCXでお馴染みの放送作家「岐部 昌幸」さんの名が。

 

レトロゲーばっかじゃなく、最新のゲームも出てきて、マリオカート8デラックスとか超面白そうだなぁと思ったし、いい宣伝にもなってる気がする。

 

あと、三四郎の“じゃない方”相田さんが妙にうまいナレーションをしているのも注目。

 

 

  

 

 

 

テレ東「ゴッドタン」

※去年ぐらいからハライチ岩井がおぎやはぎ劇団ひとりに気に入られてるらしく、ちょいちょい出るのがいい。

あと、松丸アナ産休に伴い「元・アイドリング!!!朝日奈央」が代打MCとして起用されているのも良い。(フジテレビ そんなバカなマンで爪痕を残しているのを見て、どっかでフックアップされたらいいのになぁって思ってたので)

 

関連記事

ddn.hatenablog.com

 

 

テレ東「おしゃべりオジサンと怒れる女」

古舘伊知郎坂上忍千原ジュニアが毎回女性ゲストを迎える。日テレとかだともっとゲスく女性ゲストをいじりそうだけど、テレ東特有のおおらかな感じでそこまで酷い扱いもしない。

おしゃべりオジサン3人は遠慮しあってるのか、単に噛み合ってないだけなのかイマイチ爆発しない。坂上忍はただ坂上忍として居るだけだし、千原ジュニアはMC的役割をこなしてる感じ。古舘さんはゲスな女性いじりができるタイプじゃない。なんだこの紳士は。って感じ。

 

なんでそうなるかというと、ゲストに来る女性が「知る人ぞ知る」的な人選で、しかもほとんどテレビのバラエティ番組で見たことないような人たちばっか(なんならテレビ初出演みたいな人)だから。

 

ホスト3人が絶妙に知らないような人たちなのだ。

 

初対面で、何やってる人なのかはさらっと説明されるけど、自己紹介が終わらないうちに話が始まって、なんだかわからないうちに終わるような短さ。

 

手練れの3人と言えども普通に紳士なので、そこらのお嬢さんを捕まえてコテンパンにするわけもなく、ただその人の人物像を知ろうと色々聞くだけみたいなふわっとした展開になっている。

 

去年の今頃MXで突如始まって2ヶ月もかからず突然終わった「吉田豪とハミダシ女」のようになりそうでならない変な番組。あれは豪さんがゲストをよーく知った上で世間に紹介するような番組だったから・・・。

 

 

テレ東「チマタの噺」

※近年テレ東の真骨頂的に語られる素人扱いものの一面もあるけど、そこよりも、普通にゲストで出てるベテラン俳優やベテラン芸人の「テレビだってこと忘れてる?」ぐらいエグい話をしたりするのが笑える。

 

 

フジ「さんまのお笑い向上委員会

※閉店シャッターで、ジョニ男とずんとバッドナイス常田が見たいんだけど、そう毎回見られるわけでもない。 

 

 

 

 

フジ「トーキングフルーツ」

※こんなに面白い番組は他にないよ。この番組があるだけでも報道ステーションをやめてくれてよかったぞ古舘伊知郎!と思う。が、報道ステーションをやっていたからこそのトークの厚み。

 

関連記事

ddn.hatenablog.com

 

 

 

 

フジ「久保みねヒャダ こじらせナイト」

※終わってほしくないけど、そろそろみんな本業に戻ってもいいんじゃないかという気もする。というか本業での評価が確固たるものになって久しいからか、かつてのように怒りがあんまりないのか(特に久保さんに)二つの意味でキレがない気がする。でもこのお湯にまだ浸かっていたい。

 

 

 

 

フジ「真夜中」

※ロケ日的には二夜目が放送中。さっしーが早くも綺麗になってきている気がする。リリー・フランキーを通り過ぎていく女はみんなそうなのだ。

 

関連記事

ddn.hatenablog.com

 

 

 

フジ「ボクらの時代」

※急に郷ひろみテリー伊藤リリー・フランキー みたいな無茶な3人が顔を合わせたりするので録り逃せない。

 

 

 

MX「バラいろダンディ水曜日」

※玉さん宇多さんコンビが観られるのが嬉しい。 蝶野さんがMCってのも冷静に考えるとおかしいよw

 

 

 

MX「せいこうユースケトーク

※ゲスト次第。Abemaでも観られるんだよね。

 

 

 

MX2「ピエール瀧のしょんないTV」

※静岡ローカルだけど、MXでも遅れて放送されている。瀧好きで見始めたのに広瀬麻知子アナ好きになってた。

女子芸人草野球チームが出る回が最近放送されたが、注目していたロリィタ族。はほぼ映ってなかった。あと、ちょくちょくハリウッドザコシショウが観られる珍しい番組。

 

広瀬 麻知子|アナウンサー|静岡朝日テレビ

 

 

 

BS朝日町山智浩のアメリカの“いま”を知るTV」

※どうしてもトランプの話が主になってくるけど、日本人が知らないアメリカを知れるので面白い。

 

関連記事

ddn.hatenablog.com

 

 

 

衛星劇場みうらじゅんのグレイト余生映画ショー」

※ほぼ日とかスライドショーでは見られないみうらさんが見られる。

 

 

BSプレミアム「笑う洋楽展」

NHKだけど結構ひどいこと言うw 

あと、ちょくちょく出てくるSabrinaさんが可愛い。

 

 

スペシャ「JxJxTV」

※見逃したくない番組だなぁこれ。

スペースシャワーTV | 番組・ランキング - JxJxTV

 

 

 

ホームドラマCH「ぶらり信兵衛-道場破り-」

※DVD化されていない伝説の時代劇。こんな時代がまたくればいいのになぁって言う人情話が多い。高橋真麻のお父さん主演。香川照之のお母さんと、たてもの探訪する前の渡辺篤史も出ています。桃太郎侍より前。

 

 

 

 

と言うわけでひとまずこんな感じです!

 

ほんとはチラシの裏に書きたいんだけど、新聞取ってないもんで!ごめんなさいね!

 

どの番組も面白いので、皆さんもぜひ自宅でウォッチしてみてください。

 

ではまた!

 

 

余談

ハイセンスのテレビが安いんだけど結構キビキビ使えるので2台目にどうですか。録画もできるし。

 

あと、あの知る人ぞ知る船井電機が本格的にテレビメーカーとして復活するらしく、6月2日から、ヤマダ電機で販売し始めるらしいよ。 しかも有機ELですってよ!夢あるねー。

 

 

 

余談2

AbemaTVで虎の門と検索ちゃんが特別番組として復活したのが嬉しかった。まだみられるとおもうので是非。

いまのところ検索するとひっかかります。

「虎の門」の検索結果(放送終了した番組) | AbemaTV

「検索ちゃん」の検索結果(放送終了した番組) | AbemaTV

広告を非表示にする