social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

ネットでレコード買う時あるある

ネットでレコードをよく買います。

 

足使って渋谷下北沢新宿神保町とかで掘ることもありますが

 

大体の場合、目的のやつじゃないレコードを掘り当てちゃって余計な出費をするので

 

ネットの方がドンピシャで欲しいやつだけを買えるのでよいです。

 

なお、ネットでレコードを買う時のあるあるとして以下のようなものがあります。

 

 

 

・コンディションの捉え方が店によって違うので、結局状態がよくわからない。

 

・そもそもコンディションの表記がわかりづらい。

 

New

M

M-

EX+

EX

VG+

VG

 

などなど…

もっといっぱいあるけど、わかりづらい。

 

S、A、B、Cで書いてる店もある。

 

 

 

・コンディションが記載されてるのより意外といい

 

「え!?これオリジナル版?リイシューじゃなくて?超綺麗なんだけど!」と、意外といい状態のものが送られて来て、ビックリすることもある。

 

 

・CDが送られて来る

 

最大の恐怖がこれ。

 

さんざん、どの店もないなーって探して、あったーーーーーーーー!!!って喜んで注文して家に届いたらCDでやんの。

 

「うそだろ!?」と、注文確認メールを見て

 

ルート分岐

 

1.ちゃんと「CD」って書いてある。

 

2.「LP」とか「レコード」と書いてある。

 

1は完全に自分のミス。見間違い。返品とかしない。泣いたりもしない。

 

2は流石に返品する。めんどくさいけど、店側の間違いだし。ふんぬふんぬ憤怒

 

・注文履歴から好みがデータ化されてしまってそうで恥ずかしい

 

別にだれも気にしてないと思うけど、データは蓄積すると意味をもつので照れます。

 

店頭で買う時も、「検盤なさいますか?」なんつって言われてレジカウンターで自分が買うものを広げられるとちょっと恥ずかしかったりして。自意識過剰。

 

 

また、なんか思いついたら書きます。

 

 

 

あーーーあ!また、まちがえてCD買っちゃったなぁ~

 

 

真ッ黒ニナル果テ 30 years and still counting

真ッ黒ニナル果テ 30 years and still counting

 
GROOVE presents アナログレコードのある生活

GROOVE presents アナログレコードのある生活