social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

CMOS全盛の時代にCCDのカメラを買いました。

いま撮影を頼まれたりするときに使ってるカメラのメインは、SONYのα7初代1台だけなのですが、1台だとレンズの付け替えが面倒なので、ライブとかそれこそ結婚式とか、失敗が許されない場面ではなかなか心許ないのです。

 

交換してるあいだにシャッターチャンス逃したりね。

 

ちなみにレンズはニコンのf1.4単焦点の標準をつけていまして

 

このレンズとNikonFを使って父が撮った写真がアサヒグラフに載ったという謎のエピソードがあるレンズだったりするんですが、まぁそれはいいとして

 

近づける時はまぁこれで撮りましょうと。

 

で、遠い時にはズームレンズをつけたサブカメラで撮ろうじゃないかと。

 

じゃあどうすんだ何買うんだと考えた時にですね

 

 

センサーがCCDのカメラが1台ほしいぞと思ったわけです。

 

 

 

で、前にも書いたんですが、あたしのレンズ資産はほとんどα(アルファ)Aマウントレンズなんです。ついこの前までα55というカメラを使ってましたのでね。壊れちゃったけど。

 

 

これね、カメラやんない人はまったく分からないと思うんですけど、マウント。

 

 

ニコンにはニコンキヤノンにはキヤノン、ライカにはライカ、スコッチを少っち。

 

 

 

ね。

 

最後のは違いますけども。

 

レンズがメーカーごとに違うどころか、年代ごとに違ったり、メーカーの中でもいくつかあったりしてね。

 

たとえばカメラメーカーとしては新参のSONYも、ミノルタから引き継いだαAマウントと、SONYが作ったαEマウントがあって、近年はEマウントばっかだから、Aマウントはもう…みたいな話とかですね

 

とにかく規格が違うんですよ。

 

ひとつのマウント規格をいくつかのメーカーが出してたりもしますけどね、パナソニックオリンパスとか。

 

あとはレンズ専業メーカーはあちこちのをだしますけども。

 

ともかく、ひとつのマウントで揃えちゃうと、そうそうメーカー(マウント)ごと引っ越すってのがね、出来ないのね。

 

※α7はミラーレスなので、アダプターをかませてしまえば、いろんなメーカーのレンズがつくので、Nikonをつけていますけども。

 

んで、

 

SONYのAマウントのカメラを使ってた私の手元には、Aマウントのレンズが沢山あるわけです。

 

そいつを活かすにはまたSONYということで、

 

買いました。

 

 

α200

 

 

ソニー SONY デジタル一眼レフカメラ α200 ボディ DSLR-A200

ソニー SONY デジタル一眼レフカメラ α200 ボディ DSLR-A200

 

 

まぁ間に合わせだし…ということでなるべく安いもので、CCDで、マニュアルで撮るからファインダーの見やすいもの…と絞り込んでいくとこれになりました。

 

これの上位機種のα700も中級機なのに安くなってるのみつけて、いいかなぁと思ったんだけど、センサーがCMOSなのでやめました。

 

色が違うんだよー。

 

CCDの方がいいんだよ色が~。

 

それにね、解像度上げりゃいいってもんでもないのでね、これぐらいで十分です。

 ※個人の感想です。

 

 

つーーーか試し撮りしたけど、カメラの液晶で見た時はピンと来ない出来の写真も、PCの大きな画面で見たら、すげぇイイ!みたいな写真が撮れてて、こいつひょっとしたら名機なんじゃねーのか!?と興奮しているところです。

 

じゃあそれ見せろって?

こんどね。

 

ちゃーお