時給100,000,000円への道を歩みながら〜余談と脱線がメインコンテンツ〜

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

いい友人を持ったものです。

結婚を意識する相手ができた旨を友人のあべっちに打ち明けたところ

 

 

この動画のURLが送られてきた。

 

 

 

それ程ボブ・ディランについて詳しくないけど、それでもこの当時ディランを取り巻いていた状況や、ライブでの観客とのやりとりのことはなんとなく知っていたので、あべっちの意図は一瞬でわかった。

 

噛み締めるように聴いたり、中空を見つめるように聴いてみた。

 

これはとても秀逸なメッセージだと思った。

 

さすが、あべっち!

 

と。

 

以下Wikipediaより引用

 

観客の一人が「ユダ(裏切り者)!」と叫び、場内に賛同するような拍手やブーイング、更には逆にそれを諌める声などが起こった際、ディランは「お前らなんか信じない。お前らは嘘つきだ!(I don't believe you. You're a liar!)」と言い放ち、大音量でこの曲を演奏した。

 

引用おわり

 

より詳しくはこちらの解説を読んでいただきたい。

ライク・ア・ローリング・ストーン - Wikipedia

 

 

「裏切り者!」と言われ、「お前らなんか信じない。お前らなんか嘘つきだ!」と言い返したディランが「How does it feel?(どんな気持ちだい?)」と歌う。

 

あべっちは観客として「裏切り者!」と叫んでおきながら、オイラをディランに見立てて「Like a Rolling Stone」を歌わせるのだ。

 

結婚は独身貴族という言葉と対比してみれば没落と言えなくもない。

 

いいことばかりじゃないんだろう。ディランだって結婚も離婚もしてる。

 

だけどそれでもディランはディランだし、その上バックバンドはザ・バンド(レヴォン&ザ・ホークス)なのだから、もう最高に最強なことは揺るがないということなのではないか。

 

何重にもメタ的に考えられて面白い。

 

よし!

 

山田(ルイ53世)くーん!

 

あべっちに座布団を!

 

末広がりで八億枚!

 

もちろんボキャ天のやつね!

 

あと、ご宴会ならスエヒロ!

 

MajiでKoiする5秒前

 

まりや作詞で21年前!

 

え!そんな前なの!?こわ!

 

 

 

余談

 

いつぞやテレビ見てたら、広末涼子が出ていて、この歌もう今じゃ恥ずかしくて歌えないという旨を、かなりハッキリ断言してて、「そうでしょうけど。そうでしょうけども!作詞作曲のまりやの気持ち!!!」って憤ってしまったんですが、竹内まりやさんがほかの歌手に提供した曲とかまぁまぁやべぇ歌詞多いので、致し方なし!と思いました。

 

 

ちょっと!そこ!けんかをやめて!

 

 

 

結構人生において重大な話題でも、こんなに脱線できるんだなぁ…(遠い目)

 

 

黄金ボキャブラ天国

黄金ボキャブラ天国

 

 

 

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム [DVD]

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム [DVD]

 
追憶のハイウェイ61

追憶のハイウェイ61

 
Live 1966(完全生産限定盤)

Live 1966(完全生産限定盤)