social suicide ~余談と脱線がメインコンテンツ~

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

台湾に行ってきた。

台湾旅行に行ってきた。

 

母方の祖母が日本統治下の台北生まれで〜とか、友達のあべっちが昔住んでたんだってさ!とか、移住しちゃう?とか色々行く前には動機があったのだけど、いざ行ったら目の前のことが楽しくて楽しくて。

 

行きの飛行機が天候不良で2時間ほど遅れて離陸したのはやや堪えたが、現地に到着し、送迎バスの車内でガイドさんからもたらされた梅雨明けの報せを皮切りに、楽しい道中であった。

 


f:id:DDN:20180706064700j:image

飛行機の行列

 

 

 

まさかとは思ったが、3泊4日のあいだに日本語以外の言葉は謝謝とThank Youぐらいしか使わずに乗り切れてしまった。

 

つまり感謝しかしていない(笑)

 

なかなか日本にいても、ありがとうと言う機会は減ってるので、わるくないなと思う。

 

東京で外国人旅行者をよく見かけるようになったけど、接客業をしているわけではないので、あまり直接接する機会はない。

いざ自分がなってみると、その外国人旅行者みたいで面白かった。外国人旅行者なんだが。

 


f:id:DDN:20180706061259j:image

 

 

 

会話に関しては、ガイドブックに載ってる簡単会話帳みたいなものを眺めながら何度か言いたい文章を口の中で繰り返して実践してみようと試みたが、こちらの言葉が通じたところであちらからの返事が聞き取れないのでほとんど意味が無いことに気づいた。

 

発するより受け取る方が難しい。

 

その点で、中国語よりも英語の方がはるかに知ってる単語が多く、掲示物などもほとんど英語の方を読んだぐらいなので覚えるなら英語の方が近道だと実感した。

 


f:id:DDN:20180706061239j:image

 

中国語はなまじ漢字が使われているぶん、日本語読みが頭に浮かんでしまって遠回りになる。

 

龍山寺がロンサンスーなのは覚えたけど、はじめのうちしばらくはリュウザンジと読んでしまってたし、行天宮に関してはもうギョウテングウとしておぼえてしまった。

 

旅行者気分で東京を歩いたらどうか。英語のガイドブックなんぞを眺めながら散歩してみようかと思う。

 


f:id:DDN:20180706061118j:image

 


f:id:DDN:20180706060730j:image

 


f:id:DDN:20180706060645j:image

 


f:id:DDN:20180706060916j:image
マンションにも緑が豊富な感じ。

 

 

 

ところで、旅にはパートナー(ほかの呼び方が思いつかない)と2人で出かけたのだけど、成田離婚のようなことには全然ならず、むしろいいコンビだなぁとしみじみ感じた。

 

引っ込み思案のわたしには、物怖じせずにぐいぐい突き進むパートナーが心強い。

 

目的地を決めるのはお相手、そこまでエスコートするのはオイラ。

 

地図が読めるだけで喜ばれて調子に乗る。

 

初めての海外旅行で神経を研ぎ澄ましていたのか、ほぼ道に迷うということがなかった。

 

出発前夜にGoogleマップでマイマップというのを作り、マストで行きたい目的地のポイントを打っておいたのが正解。これで移動はバッチリだった。

 

普段東京では乗換案内のアプリをよく使うが、それは効率の良い乗換駅を知ることと、それ以上に、時間を把握することが主目的なのだと改めて気づいた。時間に追われて生きているのだな。

 

 

台北メトロの路線図は割と簡単なのでGoogleマップ上で乗換駅を確認するだけで乗り間違えなどはなかった。

 

ただ、ホームに降りて自分がどっち方面に乗りたいのかさえ気にしておけば大丈夫。

 

しかし、台北のガイドブックで、しかも女子向けのやつしか買わなかったので、桃園市にあるハードオフにいくのは結構おっかなびっくりだった。

 

ガイドブックには台北メトロと動物園?のロープウェイと桃園国際空港へいくメトロぐらいしか載っておらず、地上を走る普通の電車には触れられていなかったのだ。

 

これには困った……という程ではないが、なんとなく行けたので万々歳。

 

 


f:id:DDN:20180706062228j:image

SDカードに残っていたので貼り付けてみたが、この路線の電車には乗っていない。

実際に乗ったのは縦貫線という電車だ。

 


f:id:DDN:20180706062308j:image
月台=プラットホームというのは覚えた。

 


f:id:DDN:20180706062202j:image

何故か電車が45分ぐらい遅れていたのだが、その理由がなんなのかわからないまま行って帰って来れた。

 

 

こーゆーとき現地語をもう少し把握出来てるといいのだけど、緊急時?の車掌のアナウンスなんて聞き取れるものだろうか。

 

苦労してたどり着いたが、収穫は知らないミュージシャンのCDとカセットテープぐらい。

 

 

その中の1枚で日本の曲がたくさん入ったコンピを買ったら

 

幸やの結束 / 大滝詠一

サボテソの花 / TULIP

ラプストーリーは突然に / 小田和正


f:id:DDN:20180706051312j:image

 

などの未発表曲が入ってるとのことで期待したのだが、中身は全然違ったラインナップで、ぜんぶスキップする形で非常に楽しめた。

 

これはことによると海賊版的なやつなのかと思うのですが、書いてある曲が1曲も入ってないなんて海賊にも程があるだろうよ。さすがだな!……であり、30元(114円ぐらい)をドブに捨てたのであるからして、レコード倫理委員会の皆さん、あとついでにロマンスの神様お許しください。

 

件のハードオフは、しょーじき店の規模も小さく、オフハウス的な品ぞろえで、自分の中の理想のハードオフ像(家電、楽器、カメラ、ゲーム機のジャンクが多いとモアベター)とはかけ離れていたので、「わざわざ台湾まで来てハードオフに行く」という目的を果たす以外に意味はなかったのだけれど、それはそれでよしとするハードオフジャンキーであった……。

 


f:id:DDN:20180706060613j:image

 


f:id:DDN:20180706062345j:image

日本の店舗でおなじみ「ハードオフが買い取ります♪」の曲が流れたり、店員さんが日本語わかるっぽかったり、日本人的にはなにか安心感がある。

 

 

 

数時間別行動をしたパートナーと再会すると、しばらく目的の店舗で目的の品物を吟味したのちに露店で何種類かの、のしいか的なやつをGETしており、それが非常に美味く、「この買い物上手め!えらいぞ!」と思った次第。

 

 

ただ、もともと少食なのにイカ好きすぎでイカだけを食べすぎて満腹になっており、晩御飯はパイナップルだけ女子。それでもコンビニまで付き合ってくれて感謝感激戦車突撃。

 


f:id:DDN:20180706062728j:image
コンビニ弁当の手提げが省エネ?で面白い。

 

 

弁当と一緒に買ったお茶が、意図せず砂糖入りだったことをパートナーに伝えると、「わたしの飲んでいいよ!糖分ゼロだから!」と自信満々で渡してくれたのだが、成分表を見るとしっかり糖分が含まれており、その旨を伝えると「えー!ちゃんと確認して買ったのに!www」と膝から崩れ落ちるほど狼狽しながら言うものだから、 ふたりでしばらく笑ってしまった(笑)

 

 

ホテルの使い捨て不織布スリッパが履きづらいとのことで別行動時に買ってきてくれたサンダルは、飛行機内でまで使えてファンタスティックであった。視点の違うパートナーを持つと非常に捗ると気づいた次第。5億点進呈。

 

ほかにもほんとに楽しきことばかり。

 

お互い胃が弱いからとわざわざ食べに行った酵素活力湯(ザク切り野菜のパワージュース的な趣のやーつ)の量が多すぎて、無の顔になってしまったのを楽しげに指摘されたり

 


f:id:DDN:20180706064238j:image

 

 

 

いままで興味がありながら機会がなく、あまり気に入ったものが見つけられなかったパワーストーンのブレスレットを買ってみたり

 

トイレに行きたかったのだけど、見つけられなくて我慢しているのを見兼ねて、店員さんに貸してくれるようお願いしてくれて助かったり

 

服の問屋街で狭い道をすごい飛ばしてくるバイクを避けたり、売ってるものの可愛さと売ってるおじさんの顔面の迫力にギャップありすぎのお店でワンピース買ったり

 

暑さしのぎで入ったカフェで頼んだLサイズのアイスカフェオレがマジでLサイズ過ぎて困惑したところを写真に収めてくれたり、それを飲み切るころに隣の席のおっさんが思いっきりブーーっとオナラしたのが面白すぎて悶絶してしまったり

 

 

かわいい文鳥のかわいい占いとか。

 

とんでもない数の占い本が所狭しと並べられた本屋さんすげー!って驚いたりとか。

 

ユニクロ無印良品ダイソーと300円ショップ混ぜたみたいな店で買ったモバイル扇風機が結構役に立ったなーとか。

 

歩き疲れて入ったカフェで注文してくれたの助かったなーとか。

 

旅の疲れが吹き飛んでさらに半日歩き続けられてしまう足ツボマッサージとか。

 

立ち並ぶ町工場などが徐々にリノベされてくオシャレエリアとか。

 

芋のもちが入ったかき氷とぜんざいの間みたいな謎のスイーツとか。

 

異常にうまいフルーツとか、ぷらっと入ったのに結構うまい点心のお店とかいろいろあったんだけど、

 



f:id:DDN:20180706064517j:image

 


f:id:DDN:20180706064533j:image

 

 

 

今すぐ食べたいのは、饒河街観光夜市で食べた胡椒餅寧夏夜市で食べた劉芋仔蛋黄芋餅、あとパイナップルとマンゴーだなー。

 

 


f:id:DDN:20180706060120j:image

寧夏夜市で食べた劉芋仔蛋黄芋餅(卵黄と恐らく豚肉のほぐしジャーキーみたいなやつをタロイモの生地で包んで揚げてある団子みたいなやーつ)

 

 

 

だけどドリアンは匂いだけでも勘弁な。

 

 

最後の夜に賑やかなフードコートみたいなところで食べた、玉子豆腐みたいな食感の豆腐のスイーツも美味しかった。

 

掃除のおばさんに席を誘導されたあと、さらにカップルに席譲ったなー。都心部の人口密度よ……。


f:id:DDN:20180706060359j:image

 

コンビニで買った中華風で超うまいさきいかが、実はイカじゃなくて豚肉が材料の謎のやーつだという驚き(おそらく上記のタロイモ団子に入ってるやつと同じようなもん)

 

 

それと帰国前夜。飛行機に乗る数時間前に、ベッドの上で、( ^o^) ヒョエー !!!!!!!!!ってなる頭頂部流血事件を起こしたのだけど、爆笑してくれたおかげで必要以上にパニックにならず冷静に処置出来たことで事なきを得ました。こりゃ一生もろもろ大丈夫だわん!と思った次第。

 

あー楽しかった。旅行っていいですね。やさしい国だった。いい人と巡り会えた。

 

 
f:id:DDN:20180706064826j:image


f:id:DDN:20180706064851j:image

 

f:id:DDN:20180706064925j:image

 
f:id:DDN:20180706065603j:image

 

雑に写真を織り込んで読みづらくなりました。さーせん

 

 

余談

ついでにすごく良かったのが、行く前に自分に合う靴に出会ったこと。

 

 

 

これの色違いを直営店で買ったんだけど、幅広甲高のわたすの足には最高の出会いでした。これまたパートナーの示唆により入手に至ったので、最高かよ!と思っている次第にございます。謝謝