時給100,000,000円への道を歩みながら〜余談と脱線がメインコンテンツ〜

食べこぼしたご飯粒がカピカピになって貼りついてるポロシャツみたいなブログ

お前そんな便利なやつだったのか!

山芋あるいは長芋

 

 

すげー便利!

 

 

知ってた?

 

 

実家を出てからもう何年経つでしょうか。

 

 

長芋なんてね、一人暮らしの男……というか私は買ったこと無かったです。

 

 

うまいのは知ってるよ!知ってたよ!

 

 

でも買ったこと無かったんですよ。

 

もしかしたら、一回ぐらいは買ったような気もするけど、その時はたぶんお好み焼きのつなぎとして一気に使い切っちゃったか、2回に分けても、1日か2日で全部食べちゃったんですよねー。

 

 

ほら、ひとり飯なんてそんな凝ったことしないじゃない?

 

だいたい、長芋とか山芋って、皮むくのもめんどくさいし、まな板ぬるぬるになるしさ。

 

やんないよね。

 

 

でもね、10日ぐらい前かな?

 

「これ千切りにして!」なんつって買ってこられちゃったもんだから、「やるしかねぇ!こうなったら、やるかやられるかだ!」つって調理しましたよ。

 

やってみたらね、ヤマセン、どーってことないわけです。

 

ただまぁ、いざ改めてまな板の上に置いて対峙してみると、結構なじゃじゃ馬娘ですね。

 

しかし、娘に例えちゃうのはどうかなぁ、ぬるぬるにして素手で弄んでしまっているわけですからね。ブログ倫理委員会からクレームがつかないかな?ないかそんな委員会。

 

 

とにかく

 

 

「なんだ、うめーなこのやろう!」

 

 

と、その日はただ食べたんですけどね、そうそうヤマセンなんて量食わないですから、余った長芋は3分の2ぐらい残って、冷蔵庫に放り込んでそのまま放置ですよ。

 

 

で、ほら長芋を自分で購入&保管したことが無いわけです。

 

30代半ばにもなって新たな経験って出来るもんですね、半ば強制的に保管役を仰せつかってしまったわけですよ今回。

 

 

実家ではね、見たことありましたよ、長芋。

 

でも、実家の冷蔵庫って自分の管理下にないもんだから、長芋らしきものはあるけれど、「これいつ買ったやつなの?」と疑問をもつぐらい、永きにわたって放り込んであるのを見かけたことぐらいしかないわけです。

 

「あるねー」

 

と思って以降しばらく忘れるぐらいにしか意識しないわけです。

 

たまに見かけても、

 

 

あたし中卒やからね仕事を

もらわれへんのやと書いた

女の子の手紙の文字は

とがりながらふえている

 

……みたいな叙情性はないわけです。

 

ファイト!

 

って話しかけても芋ですからね。

 

 

ただ、切り口がピンク色に染まっているだけでね。

 

あ、これはポリフェノール由来のピンクですから、心配ご無用なんですよ。いまはわかります。昔は気味悪がってましたが。

 

 

 

まぁなんだ、話を戻しますが、

 

若い頃はそもそも野菜室を開けないんだよ。

 

若者にとって野菜室なんてものは、ほぼ捨て置かれる存在だ。無なのだよ。

 

冷蔵庫っていったら、普通の冷蔵室にコーラかソーセージ、冷凍室にアイス入ってねーかなー?って開けるぐらいでさ。野菜とか興味ないから。実家にいた時なんか。

 

せいぜいネギ、トマト、きゅうり、キャベツ、ピーマンぐらいのもんです。若い頃に自分が調理する方法をなんとなく把握してる野菜なんてものは。初心者向けのやつらですよ。

 

その先に、ナス、かぼちゃ、カリフラワー、アスパラ、アボカド、オクラとか強者がいて

 

長芋なんてね、食べたことはあるけど、自分で調理するハードルの高さというか、認識の度合いとしては、クワイとか百合根とか万願寺とうがらしとか冬瓜あたりとそんなに変わらないフォルダに入れてあるわけです。

 

ボスです。ほとんど。ストIIだったらベガです。

 

主演が堺正章なら、ガンダーラぐらい遠くの存在なわけです。ミッキー吉野です。

 

 

そんぐらい謎なわけです。

 

 

でもさ、もうおっさんだしさ、買ってこられちゃったら、さらっと調理して、余らせても何食わぬ顔で保管しているわけです。

 

でもよく知らないわけです。

 

ただ、12時過ぎに食べ物与えたらイケナイとか、水かけたらイケナイとかまでは思わないわけです。だって野菜だし。80年代の映画に出てくる謎の動物とかではないわけだし。

 

 

でね、少し現実的に話を戻すけども、10日ほど経って、また飯を作ることとなり、「ちょっと長芋使って1品出そうかいのう……」と、野菜室をみたらば、いるわけ。長芋が。当たり前だけど。

 

ネギとかピーマンあたりならね、しおらしくしている頃よ。10日も経てば。

 

あたいは売られっちまったんだ。この狭い囲いの中で生きてくしかないんだ。それで、おとっつぁんやおっかさん、まだ小さい弟達が生きながらえるならいいじゃないか……

 

……と、しおらしくの例えを完全に間違えちゃったんですけども、なんでしたっけ?

 

あ、ね、冷蔵庫に入れられて10日と言えば、ネギとかピーマンとかだったらしおれちゃってる頃ですよ。

 

でもね、長芋。

 

ピンピンしてるわけ!

 

ビックリした。

 

南極物語のタロとジロじゃないんだから!

 

水島!日本へ帰ろう!つって。

 

全然違う映画だけども!

 

 

で、その教師びんびん物語こと、トシちゃんこと、長芋をですよ、千切りにして、出してみたらだ、

 

 

「旦那ァ……すまねぇが、この長芋、まだ余ってたら、すってとろろにしちゃあいただけませんか……む、無理にとは言わねぇ、もし、もし、あまってたらで構わねぇんだ……」

 

と、ニュアンスは全くこんなじゃないけども、頼まれちゃったもんで

 

「お前のやりたいことはやらせてやりたいからなー」とおぎやはぎ矢作の精神で、すりおろすことにした。

 

で、ここでセラミックのすりおろし器を買っておいたのが役に立ったのですだよ。

 

好きだよ京セラぁ〜

 

おれ、そんなアニメファンじゃないから京アニ作品見たことないし、スチャダラANIとか、京セラ作品の方が好きだよ。

 

 

 

 

納豆オクラめかぶ山芋などのネバネバ食品は、血液サラサラ効果が高いと心得よ

 

つって。

 

 

とにかく、長芋ってば、思いのほか長持ちするし、生で食えるし、めちゃくちゃ便利じゃん!

 

ということに気がついた!

 

賞味期限永久説の玉ねぎと共に常備確定です!

 

 

という気付きだけで、ここまで駄文をダラダラ書ける才能に300円ぐらいくれないかな。誰か。

 

 

京セラ 【シャープな切れ味でざくざくおろす】セラミック 大根 おろし器 CD-18

京セラ 【シャープな切れ味でざくざくおろす】セラミック 大根 おろし器 CD-18

 

 

 

青森県産  長芋 とろろ芋 家庭用 10kg